2012年11月18日日曜日

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を鑑賞した


みてきたわけだが。
ネタバレについて書くかもしれないので各位注意で。


鑑賞し終わったとき、主人公に感情移入してしまって、普通に泣いてしまっていた。そんなときに次回予告するもんだから、あんまり内容が頭に入ってない、というより最後の次回タイトルですべてが吹っ飛んだ。

音がでるものに触ったものなら誰しもが意味を知っている記号がついている。

次回もすっきり終わらないことが予想される。

世界観について一言だけ

どっかの作品でこの監督はやらかすだろうなぁと思っていたが、これでやりましたか。

当たっていた予想

14年というタームが重要なものとして扱われている、ということなどを友だちなどと話していて、今回もそれが関係する可能性はあると踏んでいたが、重みつけすぎです。

ロンギヌスの槍、ちゃんと伏線回収しましたね。ああ、あと見事なまでに綾波は三人目っぽくなってますね。
んー、まー。「ネルフ関係者の幽閉」についてゲンドウが大きく関わっていたというのはアタリといっていいのかなぁ、もはやどうでもいいですね、これ。あとは「果たして生きることを望む人々の物語は何処へ続くのか」についてのもう一回あるでしょっていうのは、次回作タイトルにでてる。

外れた予想がとにかく多い。
マギに至ってはまったくでてこないし、次回に登場することも期待できない!

外れていた予想

まったくもって、式波アスカ・ラングレーのピンチなし。

世界観で外れた予想がかなり多い。
使徒に関係する予想はもう世界観が壊してしまったので全部ハズレ。
本部のバックアップとして松代があるはずなのにまったくもって登場しないのは納得がいかない。説明があってよい。

とにかく外した予想でショックだったのは量産型らしき話がひとつもなかったことですかね。よく考えると破の終盤の時点で量産型がQでは不要というフラグたってた、とも解釈できるので不覚。しかし、ダミープラグのシステムが基盤となって動いているということで、この伏線も回収したことになるのかな。

疑問とか不満

とりあえず、大きな疑問としては私立第三新東京中学校は特別な存在であったはずなので、あそこらの連中ふくめて今回の作品のとばっちりくらってたらウケる。サザエさんと同じ次元で笑える。

加持リョウジがまったくもって無視されているのも酷い話であった。死んだのはわかるよ。でもさ~、墓参りしてあげるシーンとかあったもよかったんじゃないの・・・入れようと思えば入れられたでしょ・・・

あとは金のはなし。NERVのときはきちんとゼーレがパトロンしてましたっていう筋書きでやってるのに、新しい組織について金の出処をまったく解説していないし、作品として不均一な形と感じざるを得ない。

ただ、ひとつだけ次回作について言えること

しっかし、次回の話でマギでてきたらやだな~。
俺だったら死んでも保守したくないレガシーシステムだよ。